体験クラスにご参加される前に・・・

昨日4月5日。
日本では入学式の学校も多くあったことでしょう。
満開の桜とともに迎える新学期、
新しい希望に満ちる時期だと思います。

日本の各地のMusic Togehterでも
4月に体験クラスが行われています。

さて、ここではじめてMusic Togetherにご参加されるご家族に
クラスの参加へのちょっとしたヒントを載せたいと思います。

1。みんなが主役

Music Togetherは、お父さまやお母さまも主役。
後ろからお子さんの背中を押して、参加させるのではなく
大人の方々自ら、楽しんでいただく場です。
お子さんは音楽を心から楽しむお父さま、お母さまを見て
自然に、その楽しさを感じて、真似て学んでいきます。
むしろ、大人の私たちが忘れてかけていた
音楽作りの純粋な喜びを感じ、楽しむことが大切です。

2.みんな違って、みんないい!

Music Togetherでは、「1つの正しいやり方」がありません。
音楽作りや音楽表現には、「こうあるべき」がなく、
みんな違って、それがすべてよいのです。

子どもが感じるままに、表現できるものを
すべて受け入れ、認めてあげることが大切です。
講師のやり方と違っていても、
じっと座って見つめるだけでも、
輪からはずれていても、
子どもなりのスタイルで、学んでいます。
Music Togetherでは子どもの自然な学びを温かく見守る環境を作ります。

3.とにかく声にだして、とにかく体で表わして・・・

歌詞がわからなくても、知らない歌でも
ラララ♪とメロディーを歌うだけで十分です。
踊ることが恥ずかしくても
音楽に身をゆだねて、自然に動くままでよいのです
人間は、生物的に誰もが音楽を表現する生き物だと
言われています。
先入観を無くして、自然に音楽を受け止め、表してみましょう。

以上、簡単に3つ挙げてみました。

また、音楽1曲知るには、
最初から最後まで聴かないと
その曲を体験したことにならないように
Music Togetherのクラスは
はじまりと終わりまでの1つの流れすべてを
体験することが大切です。
5分の遅刻で、はじめの歌だけ見逃してしまっただけでも
音楽全体を体験できなかったように、
大きなものが欠けてしまいます。

時間には余裕も持ってお越しいただき
Music Togetherという、素敵な音楽すべてを
思う存分体験してください!

日本で活躍する情熱にあふれる講師たちが
みなさまのご参加を心からお待ちしています。





コメント

このブログの人気の投稿

うさぎの太郎~John the Rabbit

2013年もどうぞよろしくお願いいたします