Brahms' Lullaby~歴史の中で

今季のコレクションBellsでは、
オリジナルはWiegnelied(子守唄)とドイツ語で名づけられた
Brahmsのララバイを歌います。

19世紀を生きた偉大なる作曲家の子守唄を
21世紀を生きる小さな子どもたちに歌いながら
時代の流れの中で永久不変な
偉大な音楽と、
親がこどもに抱くこの上ない愛を
感じずにはいられません。

200年以上の歴史の中で
どれだけの子どもが
微笑みながら美しい旋律を歌いかける
母親の腕の中で、幸せに、安らかに
眠りについたことでしょう。

そして、その子どもたちが
親になった時
どれだけの人が自分の子どもにも
同じメロディーを歌ってあげたことでしょう。

そして、その親たちが年を重ねたとき
どれだけの人が孫たちにも
同じ、歌を歌ってあげたことでしょう。

どの人もきっと同じ気持ちを持って
この美しい歌を歌ったことでしょう。

想像してみると
音楽は、私たちを
目の前にあるコミュニティーだけではなく
歴史を越えた人々とつなげます。

あなたがお子さんに歌う、そのメロディーは
お子さんから、またそのお子さんへと
何年、何十年、何百年という未来へ
生かされていくのでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

衣替え

今年の秋からMusic TogetherのSongbookは一新されます。 長い間愛されてきた版画風のイラストの代わりに アメリカ在住韓国人のアーティスト、ジェイミー キムさんが Music Togetherのために描いた 表情豊かで心温る多くの素晴らしい作品が登場します...