ウェストミンスターの鐘

早いことに師走となりました。
日本も寒い冬となってきたようですが
各地のMusic Togetherでは冬の新しいセメスターに向けて
体験クラスを行っています。

冬のセメスターはBellsと呼ばれる楽曲集(コレクションと呼びます)を使います。
ちなみにMusic Togetherでは世界どの国でも
同じコレクションを同時に使うので
世界中のMusic Togetherのファミリーが同じ歌を楽しんでいるんですよ。
(正確にいうと南半球では季節が違うので
コレクションがずれていますが)

さて、冬のコレクションにも素晴らしい音楽が盛りだくさんです!
今日はその中から1つ、The Bells of Westmisterの曲について・・・

日本では♪キンコンカンコーン♪と学校の鐘としておなじみのあのメロディーは
これはイギリスのウェストミンスター宮殿の音が基となっています。
Music Togetherではこの鐘のメロディーを基にした歌をアレンジしました。

♪ウェストミンスターの小さな鐘は、ディンドン、ディンドン ディンドン・・・
♪ウェストミンスターの大きな鐘は、ディンドン、ディンドン、ディンドン・・・
というだけのシンプルな歌詞のメロディーは
なんとたった4小節しかありません。

しかし、この短い4小節のパートは4種類あり
1つは高い音域でちいさなかわいい鐘のイメージ
2つ目はそれよりもちょっと低い、子どもの鐘
3つ目はメインのメロディー
4つ目は低い音域で大きな鐘のイメージ、パパにぴったりかな?

この4つのパートが重なりあうと
魔法のように豊かな鐘の響きが生まれるのです。
何度も何度も繰り返し歌いたくなってしまいます。

Music Togetherのクラスではみんなでこの歌を歌いながら
レゾネーターベル(音つみき)という楽器で楽しんだり、
親子でペアになって動きで楽しんでみたり
パートに分かれてみんなで歌ったり、
さらに輪唱にチャレンジもします。
うまくいかなくて、みんなで大笑いすることもありますよ!
でも、大人も子どもも一緒に作りあげる
生の声のハーモニーにパワーに子どもたちは
目を輝かして喜びます。

クラスでさまざまなの音楽の楽しみ方を体験されるMusic Together Familyは
日常の家族の生活の中のあらゆる場面で
さらに音楽作りの楽しさを感じられていることでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

衣替え

今年の秋からMusic TogetherのSongbookは一新されます。 長い間愛されてきた版画風のイラストの代わりに アメリカ在住韓国人のアーティスト、ジェイミー キムさんが Music Togetherのために描いた 表情豊かで心温る多くの素晴らしい作品が登場します...